村瀬測量興業株式会社は都市計画法29条の開発許可絡みの測量を得意としています。福岡市をはじめ九州全域、山口、広島までカバーいたしております。

  • 092-751-1237
  • MAIL

都市計画法29条開発許可について

都市計画法29条開発許可について

都市計画法29条において以下のように規定されています。
「都市計画区域又は準都市計画区域内において開発行為をしようとする者は、あらかじめ、国土交通省令で定めるところにより、都道府県知事の許可を受けなければならない。」

つまり、土地開発において「都市計画区域又は準都市計画区域内」では宅地造成等に伴う、土地の形状変更を要する開発の場合、都市計画法に基づく開発許可がなければ開発ができないということです。

その開発許可については、多岐にわたります。たとえば、「住宅を建築する以前の許可」「ガソリンスタンド、病院、老人ホームなどの建設段階前の許可」なども該当してまいります。

豊富な実績を持つ当社にご相談ください

豊富な実績を持つ当社にご相談ください

ところで、皆さんは、この開発許可において、測量の仕方や申請の仕方で同じような開発案件でも許可を得られたり、得られなかったりすることがあることをご存知でしょうか?
私たち村瀬測量興業では、長年の経験から「開発許可を通す測量」「開発許可を通す申請」のノウハウを保有しています。

たとえば、「開発したい場所に何を建てたいか明確にあり、それができるかどうかの調査」「開発するにはいろいろな制限があり、それを上手くアドバイスしながらの調査」「自然を残さなければいけない場所や農地が連なっている場所での開発には規制があり、それをどうクリアすればいいかの調査」などです。

建築事務所の方、中小不動産デベロッパーの方で、開発許可を通すことにお困りの方は、豊富な実績を持つ当社にご相談いただければと存じます。

これまでの実績例

これまで、開発許可(給油所、工場用地、店舗用地、住宅マンション用地、店舗用地など)や
林地開発許可(残土処分場、運動場、資材置き場など)及び付帯する測量を含め
500件余りの実績がございます。

お気軽にお問い合わせください。